• 2017.05.12 Friday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

 おかげさまで

11platsさんとのイベントに

多数、ご来店いただき

ありがとうございました


僕としても大変、勉強になりました


また何かない頭をひねって楽しい
イベントが出来ればとおもっています


              やなが

 おかげさまでワインイベント

初日15日は満席です

16日はまだもう少しお席があるので
是非、ご予約ください  

料理 5000円  6品

料理に合わせたワイン 4000円 6種

になります


はじめてワインを本気で意識してのコースです

そして、僕の料理にワインをプロに選んでもらうのも
初めてです。

自分でも楽しみです。

ワインの事は11platsさんのブログを御覧ください

ワインにお米をとかワインに味噌味でとか
和の調味料だけでとかそんなお皿が並んでいます


こんだては

先付け  おもゆと磯ツブ貝の冷制スープ
     
      (少しのオリーブオイルにみじんの玉ねぎと磯ツブ貝を
       入れ弱火で少し長い時間炒め、冷たいおもゆに
       温かいものをのせ、少し粗めの塩を振ります)
      *粗めの塩を振るのがスパークリングワインと合わせるポイントです

盛り合わせ 鶏肝の味噌パテ  牛乳のくずもち(チーズみたいな)
        ゴルゴンゾーラの出し巻き 干しいちじく、くるみの白和え
        砂肝、ズッキーニ、じゃが芋南蛮漬け(何か香草風味にしようと思っています)
        
         米粉パンの小さいやつ

パスタ  アサリの冷制カッペリーニ  細々トマト 大葉
      
      (日本料理、日本人の根底に昆布があるということに
       気付いて頂ければと思います。
       調味料なし、昆布のみアサリの塩味のみお料理です)


お魚  稚鮎のフリット 焼茄子   苦うるかと蓼のソースで
    
    (焼き目と相性のいい鮎を焼き目は別のモノ(焼茄子)から
    もってきてというイメージで料理しています。)
    
   白ワインもやさしい赤もなんてイメージです
   
お肉  醤油味だけのカモのロースト 明日葉包み
         半突きのご飯  と少しのお野菜
    (レストランに醤油を持って行った魯山人のお話は
    有名で、赤い味のお肉とお醤油の相性は僕は
    抜群だと思っています。少しさわやかな味の明日葉
    とあきらめかけていたごはんとワインの相性を
    おたのしみください。ごはんには何か練り込む
    カモです)     


デザートは  どうしんの屋敷さん担当です

ゴルゴンゾーラのアイス プチショコラです


盛り合わせは少し市場を歩いて決めるので
少し変更があります


それともう一つ

今回は特別イベントとういこともあり
御精算は現金のみとさせていただきます

よろしくおねがいします


         やなが


 

 ワインイベントのデザートが決まりました

デザートまでコーヒーではなくワインでと思っています


ゴルゴンゾーラのアイスとプチショコラになります

スイートなクーベルチュールのチョコを使ったお菓子になります

まー1年一緒に働いていると思っている事が伝わるのか
僕がそんなプレッシャーをかけているのか、僕がイメージ
はしていたけど、作れなかった(作れない?)部分を
うまく表現してくれました。

エスプレッソが掛ったアイスや塩や味噌がきいた
お菓子のように少し好みが分かれるかもしれませんが
ワインイベントにふさわしいデザートができたと
思っています。


お楽しみに

15日はまだどうしんのお席があります



                         やなが



 ワインイベントのワインは

5種 4000円になるみたいです

多分、決定です


曖昧でごめんなさい


まだお席がありますのでご予約どうぞ




あと8月1日(月)はお休みを頂く事に
なりました。


よろしくお願いします

今日は疲れてるのでか簡単な
かきこみで・・



やなが




 メニューなんて照れくさいけど

ワインイベントのメニューです


オイルを使わないとか乳製品を使わないとか
うたってしまいましたけど、結局、使うことにしました

勝手でごめんなさい

全品のどこかに日本料理のテイストを
組み込むというルールにしました


先付け  おもゆと磯ツブ貝の冷制スープ
     
      (少しのオリーブオイルにみじんの玉ねぎと磯ツブ貝を
       入れ弱火で少し長い時間炒め、冷たいおもゆに
       温かいものをのせ、少し粗めの塩を振ります)
      *粗めの塩を振るのがスパークリングワインと合わせるポイントです

盛り合わせ 鶏肝の味噌パテ  牛乳のくずもち(チーズみたいな)
        ゴルゴンゾーラの出し巻き 干しいちじく、くるみの白和え
        砂肝、ズッキーニ、じゃが芋南蛮漬け(何か香草風味にしようと思っています)
        
         米粉パンの小さいやつ

パスタ  アサリの冷制カッペリーニ  細々トマト 大葉
      
      (日本料理、日本人の根底に昆布があるということに
       気付いて頂ければと思います。
       調味料なし、昆布のみアサリの塩味のみお料理です)


お魚  稚鮎のフリット 焼茄子   苦うるかと蓼のソースで
    
    (焼き目と相性のいい鮎を焼き目は別のモノ(焼茄子)から
    もってきてというイメージで料理しています。)
    
   白ワインもやさしい赤もなんてイメージです
   
お肉  醤油味だけのカモのロースト 明日葉包み
         半突きのご飯  と少しのお野菜
    (レストランに醤油を持って行った魯山人のお話は
    有名で、赤い味のお肉とお醤油の相性は僕は
    抜群だと思っています。少しさわやかな味の明日葉
    とあきらめかけていたごはんとワインの相性を
    おたのしみください。ごはんには何か練り込む
    カモです)     


デザートは  どうしんの屋敷さん担当です
        (最後までワインでとおもっているので
       チーズや塩、焦げ目の味「カラメル」なんてモノ
      を組み込んだデザートをちょくちょく試食しています
       他のものでアクセントをもってくるかもしれません
       がおたのしみに。どうしんらしく少しやさしめ
      の味になると思います)



とこんな感じのメニューになっています

次の日の体への負担の少なさも料理のポイント
なので次の日も少し気にかけてみてください

まだお席があるのでご予約どうぞ

料理の料金は5000円

ワインの価格は11platsを御覧ください
(そのうち発表があると思います)

入店は 潤菜どうしん  18:00〜18:30(入店)
      11plats    20:00〜20:30(入店)

になり料理の時間は2時間半くらいです


最初の2品までゆっくりと召し上がっていただき
そのあとはみなさん一緒に料理がでるかたちに
なります

なれない料理なので時間に融通がきかない事を
お許しください


       やなが

 もうすでにお客様にはお話をしていたのですが

8月15(月)
8月16(火)

に11platusさんワインとどうしんのお料理で
イベントをします


料理の料金は5000円

ワインの価格は11platsを御覧ください
(そのうち発表があると思います)

入店は 潤菜どうしん  18:00〜18:30(入店)
      11plats    20:00〜20:30(入店)

になり料理の時間は2時間半くらいです


最初の2品までゆっくりと召し上がっていただき
そのあとはみなさん一緒に料理がでるかたちに
なります

なれない料理なので時間に融通がきかない事を
お許しください


ワインのイベントをしたいな と思っていて、上と下で
意思の疎通をとりながら柔軟に対応して頂ける草野さんと
出来ることになって助かりました


日本の手法で日本の調味料でワインに合わそうと
思っています。


生の野菜も少ないです。

オリーブオイルはなしです

乳製品もほとんどつかいません


僕のイメージではこんなイタリアンが
どこかにあるといいな〜ってイメージで
料理をします。

どうしんのお席は どうしんに 03−5542−8851
11platsのお席は 11platsに 03-3555-0141

にお電話ください

料理の詳細はまた後日、書き込みます


それではご予約お待ちしています。



                 やなが







<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.