2月の末によこはま青果塾があり、「山菜」がテーマでした。

タラの芽やふきのとうは新陳代謝を高めて冬にため込んだ
老廃物を排出する効果があったり
うどは疲労に対する抵抗力を高める作用を含んでいるそうです。

お料理提案は
お店でもお出ししている「ふきのとうごはん」です。

●作り方●

ふきのとう(砂を含んでいる場合は水洗いし、よく水気を切ってください)に
油をまぶして、ラップで包んでレンジで30秒ほど加熱します。
(レンジがない場合は低温の油でじっくり揚げるか炒めます)
※しっかりと加熱しないと、アクがまわって変色します。

温かい湯の中でふきのとうの油をおとし、
粗めのみじん切りにし、ごはんといっしょに炊き上げたら
出来上がりです。



田舎味噌と一緒に食べると苦みが和らいで食べやすいです。

炊き込みご飯だけではなく
出汁巻き卵や、パスタ、チャーハンなどに
薬味のような感覚で使うこともできます。

春を感じる大人のお味・・・
是非お試しください。

おおひら

  • 2020.05.14 Thursday 17:14
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | - | - |

Comment:
2009/03/12 3:03 PM,  wrote:
そうか!
油をからませるんですね!!
電子レンジで大丈夫なんですね。

早速やってみます。
2009/03/12 6:59 PM, おおひら wrote:
お店では低温の油でじっくり揚げていますが、
レンジ調理のほうが
油も少なくすみますし、色もきれいです。

是非お試しください!
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.