• 2017.05.12 Friday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

  被災された方々、当該地区の方々、心よりお見舞い申し上げます。


僕に何が出来るか?僕だからこそと考えてみた。

スーパーではカップめんとパンがあっという間に
売り切れていた。

被災地でもそうなのかななんて思う。

カップめんの横にある乾麺のうどんや蕎麦はまだ残っている。



場所もとらないし、たくさん運べるしと僕はおもう。

食べ物を選んではいられないし、このブログを見ても
いられないだろうけど、ガスも少なく、たくさん運べて
美味しく長持ちなんてキーワードで乾麺の料理を
考えてみた。

うどんより蕎麦の方が優れている。

多分、栄養的にもそうだけど、うどんは塩分が強く一回、水を
捨てなければいけない。水や流れ出た小麦粉の
栄養がもったいない。


料理の手順はうどんで書き込みます。


用意するもの(全部常温保存で大丈夫です。)

乾麺のうどん又はそば(湯で時間が短いものがベストです)
米味噌(麦はカスが口に残るので味噌漉しがいります)
乾燥わかめ(少しですが具にもなり出汁が出ます)
{(ごま油)あると味が落ち着きます}
{一味、七味も体を温めます}
の3点+α

2人前

・お茶碗3杯分くらいのお湯を沸かします。

・うどんを一掴み入れ一回沸騰させて蓋をして湯で時間+1〜2分
蓋をしておいておきます。
(沸かさないで大丈夫です。ガスがもったいないです)

・時間がたったら箸をあてお湯を捨て(蕎麦の場合はお湯は捨てないで
そのまま)またその中にお茶碗3杯分の水を入れ沸かし若布と
味噌小さじ1杯強とごま油少々入れて混ぜます。
(麺があるので味噌は上手に溶け、混ざります。)

カップめんの空いた器などでも大丈夫です。


自分の料理が出汁が強く野菜料理であれ、贅沢なもの
だと、うどんを食べ思いました。


何より、被災地の皆さんの無事を祈ります。


                                やなが




  • 2017.05.12 Friday 19:19
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | - | - |

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://dousin.jugem.jp/trackback/206
 
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.