• 2017.05.12 Friday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |



久しぶりに鰻を調理しました

左は京裂包丁
右は自作鰻用包丁

最初についた親方は京都の鰻の老舗の出身

毎日、水槽の鰻をさばくしくみにしてくれ

10代の僕に、さく、焼く、串すべてを口うるさいほど叩き込んでくれましたが
、そのことがやっとこさ最近理解できた気がします。

その長年使った包丁も譲り受けました。

包丁は鰻だけではなく鱧や柳や全てを譲り受けました。

譲り受けたというよりそれは借りものだと云う感覚が強く沢山の後輩のところへもの包丁は嫁入していきました。

この包丁だけは想いが強く、おそらく僕のところで一生を過ごすのでしょう

親方の名前が刻んである、半世紀前の有次のものです


アイヌ民族は自然界すべてのもの、自分の妻までも、自然界から借りたものという考え方があるみたいです

http://blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/ae3663c09dcbfc2aa4ee64cff2ba4933

ひょっと、包丁だけではなく受け継ぐ料理も、過去の影響を受け、作り出したり新しく想像した料理も借り物なのかもと‥‥‥

普段はやさいが主体のコースですが
それ以外もご要望にお応えします。

コースとは別の注文になりますが
何なりと申し付けください

借りたものはちゃんと使い渡さなければと思いまして‥‥‥


やなが









  • 2017.05.12 Friday 11:05
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | - | - |

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://dousin.jugem.jp/trackback/600
 
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.